読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simbelmynë :: diary

小児科医療 & 趣味はコンピュータいじりです

超低出生体重児に対するヒドロコルチゾンが脳の容積に与える影響

Pilot randomized trial of hydrocortisone in ventilator-dependent extremely preterm infants: effects on regional brain volumes.

J Pediatr. 2013 Apr;162(4):685-690

PMID: 23140612

 

 

 

超低出生体重児64名が対象。人工呼吸管理に依存しており、生後10日~21日。

HDC群(合計17mg/kg)または生理食塩水群にランダムに割り付け。

修正38週時点で脳容積をMRIで評価する。

 

 

 

HDC群31名中8名、生食群33名中8名が死亡。

HDC群31名中3名、生食群33名中5名が重症BPDなしで生存。

 

HDC群23名の脳容積 272 ± 40.3 cm^3

生食群21名の脳容積  277.8 ± 59.1 cm^3

有意差なし

 

人工呼吸管理の期間に有意差なし。

HDCの副作用は観察されず。

 

結論:HDCの投与は、膿の容積にも、NICU退院までの呼吸器症状にも影響を与えなかった。

 

 

※コメント

脳の容積に影響がないのは分かった。

日本とは死亡率が違うので、新生児医療のお手伝い(の端くれ)している身からすると、こういう文献にはホント、ゲゲっと思ってしまう。