読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simbelmynë :: diary

小児科医療 & 趣味はコンピュータいじりです

iPhoneを買い換える、か?

現在使用しているiPhone4(Softbank)からiPhone5sに替えるにあたり、MNPをしようと考えていた。自宅の光回線eo光を使っているので、MNPするならその先はauだ。

で、Androidスマートフォンに替えても月々の支払があまり変わらないことを知った。仕事に使っているノートPCはVAIO Zなので、なんとなくだが、SonyXperia UL(2013年5月発売)はどうだろうと思って調べてみた。

 

スペック面ではiPhone5sより良いが、果たしてどうか。実機を見たくなったので、auショップにいってみた。結果、5分ででてきた。どうであったか。

 

良いと思ったところ

・画面解像度が高い

その分画面サイズも大きいので良し悪しだが。

・おさいふケータイ

いまはEdyANAカードで使っている。これをスマホに統合できれば超絶かなり便利だ。

・防水

・カメラ

画質が比較的良い、だけでなく、起動が速いのがとてもうらやましい。

・動画ファイルのコンバートが不要

ま、あんな動画を見ることも、あるかもしれないし!

Googleにつかまるか、Appleにつかまるか。

いまのところ、Googleのほうがつかまり(捕まり)やすいと感じている。メールはGmailだし、Google DrivePicasaも使っている。この分野のiCloud関連のウェアはまだ未熟だ。親和性の高いであろうAndroidを検討するのは自然だ。

・地図

いまのところ、地図はGoogleが優れているし、御存知の通りAppleの地図は未熟だ。もちろんGoogle MapのiOSアプリを使えば良いのだし、商業的にGoogleiOSから手を引くことはないだろうが、最新機能はAndroidから実装していくだろう。

 

もともとのAndroidの弱点として

iOSに比べるとセキュリティに不安がある

ウィルス対策が必要となる。仕事で使うアイテムなのでなるべく不安は持ちたくない。また、そんなものにCPUやバッテリを消費されるのがムカつく。

・カスタマイズ性が高すぎる

あれこれとイジって時間を浪費する気がする。というか絶対する。自分の消費できる時間は限られているのだ。

 

残念であったところ

・重い。厚い。しょうがないけど。

iPhone4   137g  9.3mm

iPhone5s  112g  7.6mm

Xperia UL 145g 10.5mm

・インカメは31万画素と低い。店舗で見たところ、それでもそんなに悪くはなかったが。自分の顔なんてそんなに高精細に写されてもね。

 ・バウンスが無いとかなりUIの現実味が損なわれる。こんなに大事だったなんて、ちょっと意外だった。これはAppleにパテント取られてるからしかたない。他の方法でバウンスを代替しているUIもあるそうだが、いまのところバウンススクロールがもっとも優れていると言わざるを得ない。

 ・使わないであろう多数の機能がアイコンで実装されていて、それぞれ一目見て分かるアイコンになっておらず、よく似たものが使われていたりした。また、アイコンはシンプルでなく、目にうるさい感じがした。

代替のアイコンを見つけることもできようが、auの独自実装アプリならそうもいかんであろう。ま、消せるなら消せば良いのだが。

・アイコンの名称表示に半角カナが使われていたり、二行にまたがったり。上記アイコンの件もそうで、その見やすさが使いやすさに決定的に影響するのだ、という自覚がない点が、どうも不安にさせる。これが、やっぱiPhoneでいいわ、と判断した一番の理由。

 

UIはまだiPhone優位だと思う。Androidを触ってみて、「何をユーザーにさせないか」という取捨選択が大事なのだと思った。

 

とは言え、Xperiaという機械そのものにある利点は大変に大きい。まだ保留にしたい気持ちもあるのだった。