読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simbelmynë :: diary

小児科医療 & 趣味はコンピュータいじりです

文献:7価肺炎球菌ワクチンと、侵襲性肺炎球菌感染症

文献

Invasive pneumococcal disease and 7-valent pneumococcal conjugate vaccine, the Netherlands.

Emerg Infect Dis. 2012 Nov;18(11):1729-37

PMID: 23092683

 

オランダからの報告

オランダではPCV7の接種が2006年4月からスタート。

2歳未満のIPDは60%、65歳以上のIPDが13%減少。

一方で、PCV7に含まれない肺炎球菌によるIPDが増加傾向にある。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3559145/bin/12-0329-F.jpg

 Serotype distribution of invasive pneumococcal disease in the Netherlands before and after (early and late) introduction of the 7-valent pneumococcal conjugate vaccine (PCV7). The 7 vaccine serotypes and the most prevalent nonvaccine serotypes are shown. The cases represent case-patients included in the study (covering ≈25% of the Dutch population). Gray, pre-implementation period (June 2004–May 2006); white, early post-implementation period (June 2006–May 2008); black, late post-implementation period (June 2008–May 2010); *Significant difference (p<0.05) between pre- and post-implementation periods, calculated by the incidence rate ratio.

 

コメント:

高齢者のIPDが減少していることは特筆すべきであろう。

しかし非ワクチン株の症例が若干増加している。今後、10価、13価のワクチン導入となるであろう。

これらの流れは、数年後に日本でも確認されるはずだ。

 

今後日本では「細菌性髄膜炎をみたことがない」小児科医が増加してゆく。