読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simbelmynë :: diary

小児科医療 & 趣味はコンピュータいじりです

手洗いと手の消毒は、ライノウィルス感染による感冒を防がない RCT

A randomized trial of the efficacy of hand disinfection for prevention of rhinovirus infection. Clin Infect Dis. 2012 May;54(10):1422-6 Turner RB et al. PMID: 22412063 背景: 感冒(この文献ではライノウィルス感染症にフィーチャー)を予防する…

重症敗血症に対するβラクタムの持続投与(多施設ランダム化二重盲検)

βラクタムの持続投与が間欠的投与より有効かどうかは流行の話題。 βラクタム系は現在最も一般的で、そして成功している、抗菌薬の一群であり、ペニシリン、セフェム、カルバペネムを含む総称である。 βラクタムのばあい、血中濃度が起炎菌のMIC(最少発育阻止…

ロタワクチン開始後、下痢死亡数が顕著に減少 in メキシコ

下痢は世界の5歳未満小児の死亡理由第2位であり、年間180万人が死亡する。 ロタウィルスはその最大の原因であり、50万人以上が死亡する。 ロタワクチン(ロタテックとロタリックスがあるが、ここではロタリックス)は、ロタ感染時の重症化を85%防ぐという大…

新生児のおしゃぶりと母乳栄養の関係

おしゃぶりを使用している赤ちゃんでは、SIDS(新生児突然死症候群)は少ない。 しかし、母乳栄養を赤ちゃんに覚えてもらうためには、おしゃぶりの使用は悪影響がある、 との認識がけっこう一般的にあって、生後すぐのおしゃぶりの使用は勧められていない。W…

解熱鎮痛薬アセトアミノフェンと気管支喘息との関係

アセトアミノフェンは、最も頻用される解熱鎮痛薬である。商品名としては、カロナール、コカールなど。市販の解熱薬としても使われ、小児用バファリンもアセトアミノフェンである。 アセトアミノフェンが気管支喘息の危険因子である可能性があり、使用を控え…

生後初期に人工乳を与えることが、長期的には、母乳栄養をサポートする可能性

どうも、母乳栄養というと、自然や母性といったものにたいする信仰心のようなものになりがちであり、実際に、人工乳に強い先入観を持ったお母さんに対して、必要な人工乳を与える許可を得る際に、困難を感じることがある。 人工乳に対して過度に拒否的で(報…

文献:7価肺炎球菌ワクチンと、侵襲性肺炎球菌感染症

Invasive pneumococcal disease and 7-valent pneumococcal conjugate vaccine, the Netherlands. Emerg Infect Dis. 2012 Nov;18(11):1729-37 PMID: 23092683 オランダからの報告 オランダではPCV7の接種が2006年4月からスタート。 2歳未満のIPDは60%、65…

文献:RSウィルスと早産児の反復性喘鳴

Respiratory syncytial virus and recurrent wheeze in healthy preterm infants. N Engl J Med. 2013 May 9;368(19):1791-9 PMID: 23656644 ※注意 この研究は、Netherlands Organization for Health Research and Developmentとともに、アボット(シナジス(…

文献:えっ?未熟児の酸素飽和度目標値は高いほうが良い??

Oxygen Saturation and Outcomes in Preterm Infants. N Engl J Med. 2013 May 5. [Epub ahead of print] PMID:23642047 在胎28週以下の児において、酸素飽和度(SpO2)の目標は85-89%と91-95%のどちらが望ましいのか。 2448名を対象とした、3カ国共同のRCT…

文献:ワクチン(筋注)接種部位と局所反応

Vaccination site and risk of local reactions in children 1 through 6 years of age. Pediatrics. 2013 Feb;131(2):283-9 PMID: 23319538 1歳以上の140万人に対する600万回の接種を対象としたコホート研究。ワクチンの種類はインフルエンザ、A型肝炎、DT…

文献:伝染性単核球症とペニシリンと発疹

Incidence of Rash After Amoxicillin Treatment in Children With Infectious Mononucleosis. Pediatrics. 2013 Apr 15 PMID: 23589810 イスラエルより。 伝染性単核球症(IM)はもともと発疹を伴う疾患であるが、ペニシリン系の抗菌薬を使用すると発疹が出…

文献:母乳栄養と鉄欠乏に相関

Association Between Total Duration of Breastfeeding and Iron Deficiency. Pediatrics. 2013 Apr 15; PMID: 23589818 1647名の児(平均36ヶ月)を調査(RCTやコホート研究ではない)。 母乳栄養期間の長さと血清フェリチン値に相関。 母乳栄養が1ヶ月延び…

文献:UTI児の高度VURはPCTで予測できる。

Role of Procalcitonin in Predicting Dilating Vesicoureteral Reflux in Young Children Hospitalized with a First Febrile Urinary Tract Infection. Pediatr Infect Dis J. 2013 Apr 11; PMID: 23584577 暗号のようなタイトルであるが。 発熱を伴う尿路…

文献:被虐待児と肝逸脱酵素

Utility of hepatic transaminases in children with concern for abuse. Pediatrics. 2013 Feb;131(2):268-75 PMID: 23319537 被虐待児2890例中82例(2.8%)で腹部外傷あり。 トランスアミナーゼ80IU/Lを閾値とすると感度83.8%、特異度83.1%であった。 身体…